Kota Takeuchi (1982-) is an artist based on Tokyo / Fukushima, Japan. He produces videos and oil paintings about eyes on public scenery, social events, and their memory. based on performative trials. He held solo exhibition "open secret"(2012) which took up the labor problem under the nuclear plant accident and the narcicism of the anonym, and has been active as "Finger Pointing Worker" (a man who pointed at the public live camera in Fukushima No.1 nuclear power station after the disaster in 2011) 's agent. In addition, he pursues relations of the media and social memory through shooting of the historical impressions such as modern industries inheritances or the stone monuments.

CV (201510updated)
download portfolio (60MB) (201510updated)


公共空間の風景や社会の出来事への視線についての映像、油彩画、インスタレーション等を制作。作品はパフォーマティブな試行に基づく。2011年の日本の原発事故下のライブカメラに映った人物の代理人として映像を発表し労働問題と匿名表現者のナルシシズムを取り上げる。近年は近代産業遺産や石碑など、過去の痕跡の撮影を通して記憶とメディアの関係を見直している。


current;

 Friday June 17th - August 13th, 2016 "Material Nuclear Culture" KARST, Plymouth
 July 1st - 30th, 2016 "artist in residency at Arts Catalyst's Centre" Arts Catalyst, London
 Sun 2 October 2016 - Sun 16 April 2017 "PERPETUAL UNCERTAINTY" Bildmuseet, Bildmuseet Umeå University S-901 87 Umeå, Sweden

 2015.3~ "Don't Follow the Wind" Fukushima, Japan
"Don't Follow the Wind" 出品作について  About a work for "Don't Follow the Wind"

I'm taking photos of stone monuments twice...



Past Activities:

2015/3/7-3/22 Tokyo, Japan
個展"Re:手の目", snow contemporary
フォトレポート(ARTiT)
【text】"About "Re:Eyes on Hand"  「Re:手の目」について"


Eyes on Hand Ukedo-Coast  手の目 請戸の海岸  2015, oil on canvas, LED light, silicon
「手の目」と題して、過去の痕跡が残る場所の風景と、それを撮影するカメラを、油絵と照明機器で模りました。 写真や絵を前にして、「何かを見いだそうとする目、手」の有り様を含めて風景画としました。



Bookmark  ブックマーク  2013-2015, video installation
石碑の文字の映像を組み合わせて作った、「我たシは石碑で無いケレど」という文。2013年に作った文の再制作。一つ一つの文字映像は、撮影時の手ブレのために揺れている。『近代いわき経済史考』(1976 斎藤伊知郎 著)という福島県いわき市の石碑について記述された本を参照した。

photo by Kioku Keizo

------------------------
24 June – 8 August 2014 "The Fifth Season", James Cohan Gallery
------------------------
2014年6月7日-8月31日"MOTコレクション特別企画 クロニクル1995-", 東京都現代美術館
------------------------
2014年7月26日-9月15日"メディア/アートキッチン アオモリ ユーモアと遊びの政治学", 青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]
------------------------
2013/11/22-12/23 Fukushima, Japan
個展"影を食う光", 森美術館(いわき市大久町)
【archive】影を食う光 展示の記録と解説(pdfファイル 16MB)
【archive】"Sight Consuming Shadow" notes of works in English (pdf file 16MB)

Demolition of Mihako-Theater  三凾座の解体  2013, video installation
二つの映像をひとつのスクリーンに重ね合わせる。映像のうちのひとつは三凾座という劇場が解体される様子であり、かつてスクリーンが設置されていた箇所から観客席側にむけて定点撮影したものである。 もうひとつの映像は展示会場、この映像の鑑賞者側を小型カメラを用いて撮影したもので、リアルタイムで別のプロジェクターから投影する。 ふたつの映像を投影する面はかつて三凾座で使われていた銀幕スクリーンを用いる。 鑑賞者は長いすに座って映画を観る要領で、劇場が解体される様子を内側から見る。 銀幕には解体される劇場と、その劇場に座る鑑賞者が映っている。解体される劇場の中に擬似的に居座ることができる。
展示の記録映像 video of installation
   

bookmark  ブックマーク  2013, video installation
石碑の文字の映像を組み合わせて、「我たシは石碑でハ無い」という文を作る。一つ一つの文字映像は、撮影時の手ブレのために揺れている。『近代いわき経済史考』(1976 斎藤伊知郎 著)という福島県いわき市の石碑について記述された本を参照した。


------------------------
2013/12/20-2014/2/16 Bangkok, Thailand
"Media/Art Kitchen – Reality Distortion Field, Bangkok Art & Culture Centre"
------------------------
2013/10/05-11/02 Tokyo, Japan
"未来の体温 after AZUMAYA", アラタニウラノ/山本現代

昔の鉄道跡を通って石炭を運んだ、ビデオカメラを付けたヘルメットをかぶって  2013, video installation
図書館の郷土資料と住民への聞き込みで、今は無き石炭輸送用の軽便鉄道のルートを割り出し、かつて線路があったその道を移動する。その際ヘルメットにビデオカメラをつけたものを被り、液晶モニターを見て進む。
 

------------------------
2013/4/6-6/9 Tokyo, Japan
"MOT collection Part2: Afterimages of tomorrow ", 東京都現代美術館
------------------------
2013/3/23-4/21 Tokyo, Japan
"サイドコア‐身体/媒体/グラフィティ‐", Terratoria
------------------------
2013/2/9-2/17 Fukushima, Japan
"第42回いわき市民美術展", いわき市立美術館

Egosurfing  エゴ・サーチ  , oil on canvas
コーラを頭に乗せて街を歩く→エゴサーチして自分の写真を見つける→自画像を描く

(部分)

------------------------
2012/9 Daegu, Korea
"Dance on a Thin Line in 2012 Daegu Foto Biennale", Center for Developing Culture (former KT&G building)
------------------------
2012/7 Tokyo, Japan
"ひっくりかえる展", ワタリウム美術館
------------------------
2012/5 Wan Chai, Hong Kong
"Traces of Rational Violence 合法的な暴力の痕跡 Double Happiness"MIACA
------------------------
2012/3 Tokyo, Japan
個展 "公然の秘密 Open Secret", xyz collective

Discussion About Box  箱についての考察 ,  performance
展覧会場を箱に見立てる。箱の内外に糸電話を通して"公然の秘密"について語り合う
 


------------------------
2011 Another Way to Have My Humble Request Satisfied  ささやかな要望を通すための別の回路 ,  documentation
記者会見場の東京電力広報の方を通してJ-ヴィレッジの掲示物を改善してもらう


------------------------
2011 ブログ 8 to 2  東京電力福島第一原発に短期間勤務して聞いてみたいことができたのでブログを立てて東京電力の記者会見にいった。
------------------------
2011 From the Moment of Recording, It Became Peeping.  録画した瞬間それは覗きになった ,  video, 1h31m56s
2011年3月12日-14日にネットサーフィンして東日本大震災関連の情報を探す様子を録画した映像


------------------------
2011/3 Tokyo, Japan
"ソーシャルダイブ ─探検する想像─", 3331 Arts Chiyoda
------------------------
2010/12 Auckland, New Zealand
"Eun Hyung Kim (Holland / Korea), Emilija Skarnulyte (Lithuania), Kota Takeuchi (Japan)", RM Gallery
------------------------
2010/8-9 Gyonggi, Korea
"Wongok-dong Recipe" Residency Program on Litumus Community Space
Illegal Trash Bag ,  installation
ゴミ袋にモルタルを詰めて成型した像によるインスタレーション
モルタルゴミ袋はそのままゴミとして出す


------------------------
2010/7 Gunma, Japan
"群馬青年ビエンナーレ2010, 群馬県立美術館
------------------------
2010/2 Kyoto, Japan
"京都オープンスタジオ" 兼文堂スタジオ
------------------------
2010 Composition of "FURUSATO" ,  video, 39s
金属バットで街の金属製の物体を叩いて発生する音を合成して作った日本の唱歌『故郷』の映像


------------------------
2009 Cheering Fax to Artists
遠藤一郎氏主催の展覧会に応援FAXを勝手に送りつける


------------------------
2009/4 Tokyo, Japan
"101 DISCOVERIES", アキバ・スクウェア
------------------------
2009 About a Public Art ,  video, 4m50s
ラブドールにモルタルを詰めて成型した像を公園に置く様子を逆回しした映像


Collage ,  photograph
公共彫刻にキャラクターデフォルメ調のラブドールの頭部をかぶせた写真


------------------------
2009/1 Kyoto, Japan
"FRESH SELECTION", ARTZONE
------------------------
2007 Portable Mind, Tokyo ,  oil on canvas, 10 pieces of photographs
交番の掲示板の前で描いた指吊手配被疑者の肖像画と記録

(恐怖の付箋)展覧会場の近隣で描き写した指吊手配被疑者の肖像を展示する。このことへのリアクションを乱暴に大別すると、"被疑者の捜索や犯罪抑止につながるから良いことだ、問題ない"、"事件を思い起こさせ不謹慎だ、犯罪者を賛美するようで悪趣味だ"、といった是非に分かれる。 これは肖像画を単なる情報の複製流布と捉えるか、あるいは被写体を賛美する"絵画"と捉えるかによる違いだと思う。もう一歩踏み込んで考えると、例えば机の上の付箋紙を勝手に触ったり動かしたりして良いかといった感覚的なことに関係があるかもしれないとも思う。我々は防犯のため街に恐怖を付箋する。増えすぎたメモは日常風景に埋没する。ただし街は誰の机でもないし、誰の机でもある。
------------------------
2006 Detecting Tokyo ,  documentation
「東京についてのイメージ」を46道府県にいる人に書いてもらう旅の記録

photo: Hokida Takusuke
------------------------

Interviews and other resources on the web.

(interview)
Edan Corkill, <re:arts Are we pointing at the right guy? >, The Japan Times, 2012/03/07

(articles)
Philip Brophy, <Don’t Follow the Wind>, Frieze Magazine, 2015/11 (review of the complicated group exhibition in the exclusion zone in Fukushima, Japan)
村田真, < 竹内公太「Re:手の目」>, artscape, 2015年04月15日号
植田工, < 個展を回遊する【連載第60回】竹内公太「Re:手の目」>, 日刊ハピプラアート, 2015年03月18日号
Sawaragi Noi, < A Restatement: The Art of 'Ground Zero' (Part 17) Kota Takeuchi and Fukushima II: The Correlation/Reciprocation between Paintings and Twitter >, ART iT, 2014/10/23
Sawaragi Noi, < A Restatement: The Art of 'Ground Zero' (Part 16) Kota Takeuchi and Fukushima I: The demolition and rebirth of Mihako Theater>, ART iT, 2014/07/05
椹木野衣, < 39:再説・「爆心地」の芸術(16)三凾座の解体とその再生(リバース)(前編)>, ART iT, 2014年1月15日
住友文彦, < 竹内公太「影を食う光/Sight Consuming Shadow」>, artscape, 2014年01月15日号
村田真, < 竹内公太「公然の秘密」>, artscape, 2012年05月15日号
福住廉, < 竹内公太─公然の秘密>, artscape, 2012年05月01日号
大西若人, < 証明不能な世界指摘 福島原発「指さし作業員」の個展>, 朝日新聞, 2012年3月30日

 

Contact:

Please write to: mail ( a ) kota-takeuchi.net