Past Activities:


>> 2013-

2012/9 Daegu, Korea
"Dance on a Thin Line in 2012 Daegu Foto Biennale", Center for Developing Culture (former KT&G building)
------------------------
2012/7 Tokyo, Japan
"ひっくりかえる展", ワタリウム美術館
------------------------
2012/5 Wan Chai, Hong Kong
"Traces of Rational Violence 合法的な暴力の痕跡 Double Happiness"MIACA
------------------------
2012/3 Tokyo, Japan
個展 "公然の秘密 Open Secret", xyz collective

Discussion About Box
箱についての考察 , performance
展覧会場を箱に見立てる。箱の内外に糸電話を通して"公然の秘密"について語り合う



------------------------
2011 Another Way to Have My Humble Request Satisfied
ささやかな要望を通すための別の回路 , documentation
記者会見場の東京電力広報の方を通してJ-ヴィレッジの掲示物を改善してもらう

2011
ブログ 8 to 2  東京電力福島第一原発に短期間勤務して聞いてみたいことができたのでブログを立てて東京電力の記者会見にいった。

------------------------
2011 From the Moment of Recording, It Became Peeping.
録画した瞬間それは覗きになった , video, 1h31m56s
2011
312-14日にネットサーフィンして東日本大震災関連の情報を探す様子を録画した映像


------------------------
2011/3 Tokyo, Japan
"ソーシャルダイブ ─探検する想像─", 3331 Arts Chiyoda
------------------------
2010/12 Auckland, New Zealand
"Eun Hyung Kim (Holland / Korea), Emilija Skarnulyte (Lithuania), Kota Takeuchi (Japan)", RM Gallery
------------------------
2010/8-9 Gyonggi, Korea
"Wongok-dong Recipe" Residency Program on Litumus Community Space
Illegal Trash Bag , installation
ゴミ袋にモルタルを詰めて成型した像によるインスタレーション
モルタルゴミ袋はそのままゴミとして出す


------------------------
2010/7 Gunma, Japan
"群馬青年ビエンナーレ2010,
群馬県立美術館
------------------------
2010/2 Kyoto, Japan
"京都オープンスタジオ"
兼文堂スタジオ
------------------------
2010 Composition of "FURUSATO" , video, 39s
金属バットで街の金属製の物体を叩いて発生する音を合成して作った日本の唱歌『故郷』の映像


------------------------
2009/4 Tokyo, Japan
"101 DISCOVERIES",
アキバ・スクウェア
------------------------
2009 About a Public Art , video, 4m50s
ラブドールにモルタルを詰めて成型した像を公園に置く様子を逆回しした映像


Collage , photograph
公共彫刻にキャラクターデフォルメ調のラブドールの頭部をかぶせた写真


------------------------
2009/1 Kyoto, Japan
"FRESH SELECTION", ARTZONE
------------------------
2007 Portable Mind, Tokyo , oil on canvas, 10 pieces of photographs
交番の掲示板の前で描いた指吊手配被疑者の肖像画と記録

(恐怖の付箋)展覧会場の近隣で描き写した指吊手配被疑者の肖像を展示する。このことへのリアクションを乱暴に大別すると、"被疑者の捜索や犯罪抑止につながるから良いことだ、問題ない""事件を思い起こさせ不謹慎だ、犯罪者を賛美するようで悪趣味だ"、といった是非に分かれる。 これは肖像画を単なる情報の複製流布と捉えるか、あるいは被写体を賛美する"絵画"と捉えるかによる違いだと思う。もう一歩踏み込んで考えると、例えば机の上の付箋紙を勝手に触ったり動かしたりして良いかといった感覚的なことに関係があるかもしれないとも思う。我々は防犯のため街に恐怖を付箋する。増えすぎたメモは日常風景に埋没する。ただし街は誰の机でもないし、誰の机でもある。
------------------------
2006 Detecting Tokyo , documentation
「東京についてのイメージ」を46道府県にいる人に書いてもらう旅の記録

photo: Hokida Takusuke
------------------------

 

Contact:

Please write to: mail ( a ) kota-takeuchi.net