About a work for Don't Follow the Wind

There are lots of everyday clothes left on houses in the exclusion zone of nuclear disaster.
The clothes separated from owners. Somebody ever wore them and somebody may wear them sometime.
I wore such clothes in a room and took a self-portrait with my friend, and installed the life-size printed photo on the room.
When does somebody who will encounter with the photo think our clothes should be worn?
A person who wear the cumbrous protective clothing may regard us as light equipments in the future when decontamination of the whole area was finished.
A person who eats and drinks with short sleeves may regard as a nostalgia to the past before the accident.
The photo infront of visitor do back and forth between the future and the past, in this "socially ambiguous place".
When time passed, and entrance restrictions were canceled, and nobody most felt the need of the protective suit,
The photo will finish its timetravel and be a normal souvenir picture. (2015)





Time travelers / 2015-  /  photoinstallation (inkjet on tarpaulin sheet)in a room in the exclution zone in Fukushima


Don't Follow the Wind出品作について

異なる立場・考えの人とどう協同できるか、このプロジェクトに関わるようになってからいつも頭を悩ませている。顔も見えない相手を言い負かせばそれで済むということは、現実社会では少ない。
私は放射性物質の付着を気にする人に、靴カバーについたゴミを車内に入れないように脱ぐ方法を注意深く教えた。しかし別の日に同じ場所で、半そで半パンでおにぎりをほお張って談笑している。
衣服・ふるまいの政治性がこれほど強調される場はない。

原子力災害による立入制限区域内の住宅には災害時から部屋に残されたままの服がある。持ち主から引き離された服は、かつて誰かが着た服であり、いつか誰かが着る服でもあろうか。
私はある部屋に置き去りにされた服を着て同行者と写真を撮影し、その写真を部屋に置いてきた。これから写真と出会う人は我々の服装をいつのものと見なすだろうか。
防護服とマスクをガチガチに着込んだ人が、区域全体が除染された後(未来)に着るべき時期尚早の服装と見なすかもしれない。防護を必要とせず半袖で飲食しながら訪れた人が、事故以前(過去)への憧憬と見るかもしれない。
この"社会的に曖昧な場所"で、訪問者を前にして写真は過去と未来を行ったり来たりする。
時間が経って立入制限が解除され、ほとんど誰も防護服を着る必要性を感じなくなった時に、写真は時間旅行を終え何の変哲も無い記念写真になれるだろう。(2015)

タイムトラベラーズ / 2015-  / 写真インスタレーション(ターポリンにインクジェット)、福島県の帰還困難区域のとある部屋にて